若者たちの努力と未来

私の人生を変えた映画は、僕達は世界を変えることができないという映画です。
大学生4人がカンボジアに小学校を建てる。と言う映画なのですが、この4人の若者の努力がとても心に残りました。

建設費には200万円が必要でした。
日本よりはるかに貧しく、学校に行くことの出来ない子供たちが沢山います。
その子供たちのために必死になって頑張る姿がとても印象的です。
彼らは目標金額を達成するためにたくさんのイベントを開催し、はたまた自分たちでアルバイトしてお金を出し合い、1年間で200万円を貯める事に成功しました。

カンボジアの子供たちのため、子供たちの未来のために頑張る姿は、私の心を大きく動かしました。
時には方向性の違いから仲間割れを起こすこともありましたが、みんなが同じ方向を向くことで一生懸命に取り組める、そしてみんなが後についてきてくれる。
何かをするためにはその人の信頼性というものがとても大きなものだと感じました。

日本で普通に働き、遊び、普通に生活をしていても何も支障はありませんが、世界には日本より貧しく、ご飯もろくに食べられす、段々と笑顔が消えていってしまう場所がたくさんあることをこの映画で知り、私自身もなにかできることはないかとカンボジアに渡りました。
映画で見たまんまの世界がカンボジアにはありました。
私は少しでもこの人たちに笑顔になってほしい、そう思いたくさんの事をしました。
学校建設のお手伝いはもちろん、子供たちとふれあい、農作業を手伝い、少しでも楽しく、少しでも笑顔が増えればと。これからも日本と海外を繋いで、世界がもっと平和になって欲しいと思います。