「ディア・ドクター」…あるドクターの失踪

無医村にやって来た、村民から慕われている医師が実は…というお話で「ブラックジャック」の1エピソードに似たような話がありましたね。
そういえば主演の笑福亭鶴瓶は「ブラックジャックによろしく」でも医師を演じていましたっけ。
僻地の山村で住民の尊敬と信頼を集めていた医師伊野(笑福亭鶴瓶)が突然の失踪をする。
以降、回想形式で物語は展開し、なぜ伊野が失踪しなければならなかったか?という顛末を描いていきます。
ただこの映画はその理由を深く探ってはくれません。
医大を卒業して研修医としてこの村に赴任してきた相馬(瑛太)の視線で伊野と村人たちのふれあいが描かれていく前半はコミカルでのどかな展開
この伊野という医師は村人に献身的に尽くす「医は仁術」を地でいくような明の一面と、出入りの薬問屋の営業マン(香川照之)と薬の購入を巡って怪しげな取引をするような暗の一面とを合わせ持つ2面性を持ったキャラクターとして描かれており、笑福亭鶴瓶はそんな伊野のいつもニコニコしている人当たりのいい外面。
腹の底では何を考えているのか分からないようなダークな内面とを微妙な匙かげんで演じています。